法人/求人の方へ

BLOG

前歯の隙間も栄矯正歯科の葵デンタルにお任せください

 こんにちは葵デンタルデザインオフィスです。
本日は実際に治療を終えた患者様のご紹介をしたいと思います。
今回のテーマはすきっ歯です。正式名称で正中離解という名前で喚ばれます。

前歯の隙間一つですが、イメージは大きく変わります。
なぜこうなるのという原因から少しお話をすると、人のお口は乳歯から大人の歯に前歯が変わる時に実は前歯は隙間が出来る様にはえてくるのです!!
その後前歯が隙間のある時期を経て、横の歯がはえてくるに従って前歯が押されて閉じてくるのが本来の成長になります。
しかし、この横の歯が出て、前歯が閉じてくるこの時期に指しゃぶりや、舌の癖で知らない間に前歯を押してしまうなどがあると閉じないまま大人の歯が全部はえてしまいこの症状が起ってしまう事があります。

 では、治療方法です。
治療方法は多くありますが、今回の方はマウスピース型の治療法であるインビザラインでの治療をされましたのでそちらのご紹介を致します。

術前が以下の様な感じでした。



前歯の隙間が目立ってしまっています。少しの事ですが、これを治すだけで印象がかなり変わります。
治療後は以下の様な形になりました。



前歯がしっかり閉じて、見た目も、噛み合わせも良くなっているのがわかると思います。
10日に1度マウスピースを変えていく事でこの様に治ってしまいます。
総合治療期間、金額、注意事項は以下の通りです。
総合治療期間 約半年
金額 上顎のみ 検査費35000円 装置代40万円 調整費(1~2ヶ月に1度)5000円
注意事項 治療中は22時間装置の装着をお願い致します。
     歯の移動量が多い場合はブラックトライアングル(歯茎の下がり)が起こる可能性があります。
     保定期間(治療終了後の固定の期間)は夜間のみでもなるべく長い期間保定装置を装着する事をおうすめ致します。

見た目も、噛み合わせも治ります。美しい人生のお手伝いを。
前歯でお悩みの方、噛み合わせでお悩みの方は、是非ご相談下さい。無料カウンセリング随時行っております。