法人/求人の方へ

BLOG

歯ぎしり・食いしばりの痛み我慢するのやめませんか?

こんにちは☆

名古屋市東区葵デンタルデザインオフィスでございます。

〈 歯ぎしり・食いしばりについて 〉

歯ぎしりや食いしばりは寝ている時や仕事中

スポーツをしている最中無意識に引き起こされる症状で止めることはできません。

歯ぎしりや食いしばりが原因で朝起きたら歯がしみる、歯が痛い、

顎が痛いなどの症状が起こることを知っていますか?

この異常な顎の力により、歯がすり減ってしまったり破折したり、歯周組織が破壊されてしまうこともあります。

 

歯ぎしりや食いしばりは主にストレスが原因と言われており、無意識に発生する力は意識して噛む力の10倍と言われています。

現在、無意識にしている歯ぎしり・食いしばりを止める方法はありません。

そのため分厚いマウスピースを装着してもらい歯にかかる力を分散して

歯を守る方法や、咬合力そのものを低下させるボトックス治療などがあります。

当院では患者様の症状に合わせた方法で治療させて頂きます☆

 

〈 ボトックス治療 〉(ボツリヌストキシン治療)

ボツリヌストキシンとはボツリヌス菌から抽出されるたんぱく質の一種で神経に作用し

筋肉の働きを緩めた状態にする作用を持ちます。

この作用を利用し過剰な筋肉収縮を防ぐために咬筋にボトックスを注入します。

注入することで筋肉に異常な力が入らないため、歯ぎしりや食いしばりが軽減されます。

歯科におけるボトックスは歯ぎしりや食いしばりを軽減するだけでなく、様々なメリットがあります。

〈 メリット 〉

・エラの改善

咬筋が強く緊張することで大きく目立つエラをボトックスを注入することで

緊張を緩和しフェイスラインをすっきりさせる効果があります。

・ガミースマイルの緩和

笑った時に歯茎が見えてしまうことを「ガミースマイル」といいます。

ガミースマイルは上唇が上がりすぎることで生じますので、上唇挙筋にボトックスを注入

することで上唇が過剰に引っ張られるのが抑えられ、歯茎の露出が軽減されます。

 

ボトックス両顎 ¥35,000

所要時間(初診)30~45分程