BLOG

重度の虫歯での抜歯を回避するための部分的な矯正治療

2018年12月11日

こんにちは、葵デンタルデザインオフィスです!
本日は重度の虫歯による抜歯を回避するための矯正治療についてのお話です。
よく皆さんが見られるのは歯の頭の部分にのみ限局した虫歯ですね。

ですが虫歯をさらに放置し進行すると頭の部分がなくなったり、歯の根っこの部分まで波及することももちろんあります。
歯茎より下の奥の方まで虫歯が進行している場合は抜歯になることがほとんどです、、、


抜歯をすると過去に当ブログでもお話ししたようなインプラント、ブリッジ、入れ歯などの治療が必要になってきます。
そこで、抜歯を回避し重度の虫歯なってしまった歯を再び使えるようにする方法として部分的な矯正治療があります。
《ルートエクストルージョン》という治療法です!





図のように歯茎より下の部分に出来てしまった虫歯の部分を歯を上に起こしてくることで治療可能にさせます。
そのおかげで通常通りの被せものの治療を行う事ができます。

状態にもよりますが1度抜歯と宣告されてしまった歯でも1度当院にご相談下さい。